ゴールデンウィークを思いっきり楽しむ休日メイク

「お遊びカジュアルメイク編」

2019.4.26

特集

supported by 美的 Domani Oggi
supported by 美的 Domani Oggi

普段使えないような色や質感を自由に楽しめるのが、休日メイクの醍醐味。

イベントラッシュになりそうな今年のゴールデンウィークは、勇気を出してほんの少しメイクも冒険してみるチャンス! いつもと違うメイクで、新たな自分を発見しましょう。

4月第4週目特集記事休日メイク-TOP

南国リゾートやバーベキューなど、太陽がたっぷり注ぐシーンに映えるのはやっぱり色!華やかだけど派手すぎない、計算された大人のカラーアイメイクなら、人と差がつくのはもちろん、写真映えもバッチリ。

■大胆な色使いなのに洒落て見える、大人のプレイフルメイク!

メイクのポイントはカラフルな目元。グリーン、ピンク、レッドと多色を使っているのに大人っぽくまとまるのは、メインのアイシャドウにシアーな質感を選んでいるから。さらに主役の目元を引き立てるためにチークは省き、リップも血色感を足すだけに留めるのが、大人のカラーメイク成功のカギです。

 

【Pointはこの3つ!】

1.遊び心のあるピンク×グリーンのアイシャドウ

2.奥行きを生むマットな赤ライン

3.血色感を演出する深色リップ

4月第4週目特集記事休日メイク-main

■ピンク×グリーンのアイシャドウで目元に大人の遊び心を

ピンクのアイシャドウを目のキワに沿って広めに塗った後、グリーンのアイシャドウを下まぶたに太めにオン。一見組み合わせが難しそうな2色も、シアーかつパール感のある質感を選べば、色が主張しすぎることなく、大人っぽくまとまります。

 

左/<NARS> ハードワイヤードアイシャドー 5334、右/同 5349 各2,700円 商品はコチラから

ハードワイヤードアイシャドー使用方法

■マットな赤ラインを仕込んでまなざしに奥行きを演出

アイラインは無難な黒や茶ではなく赤をチョイス。ツヤっぽく仕上げたまぶたに対して、ラインは真逆のマットな質感にすることで、メリハリを演出します。さらに目尻側半分に細く仕込むように入れれば赤も浮かず、奥行きと色気のあるまなざしに。

 

<メイクアップフォーエバー> アーティストカラーペンシル 712  2,808円 商品はコチラから

アーティストカラーペンシル使用方法

■リップは深色をあえて淡く塗ってリアルな血色感を

リップは指に取って叩き込むようになじませます。濃い色を薄くつけることで、素の唇の延長のようなリアルな血色感を。できるだけナチュラルに仕上げることで、主役の目元が一層引き立ちます。

 

<THREE> デアリングリィ ディスティンクト リップスティック 03  4,212円 商品はコチラから

デアリングリィディスティクトリップスティック使用方法 

関連商品

ハードワイヤードアイシャドー5334

NARS

ハードワイヤードアイシャドー

[カラー]5334

2,700円

ハードワイヤードアイシャドー5349

NARS

ハードワイヤードアイシャドー

[カラー]5349

2,700円

アーティストカラーペンシル712

メイクアップフォーエバー

アーティストカラーペンシル

[カラー]712

2,808円

デアリングリィディスティクトリップスティック03

THREE

デアリングリィディスティクトリップスティック

[カラー]03

4,212円

 

 

 

撮影/神戸健太郎(モデル)、松本拓也(商品) ヘア&メイク/河嶋 希(io)スタイリスト/小川未久 モデル/土屋巴瑞季 取材・文/杉浦由佳子 構成/多喜景子 衣装協力/ストックマン<シッタムール>(03-3796-6851)、チャン ルー ジャパン ショールーム(03-6455-4707)