今、“このタイミング”で手に入れておきたい!

憧れラグジュアリーブランドの高機能スキンケア一択!

2019.9.20

特集

supported by 美的 Domani Oggi
supported by 美的 Domani Oggi

うっとりするようななめらかなテクスチャーや、陶酔感をもたらしてくれる優雅な香り、美しいパッケージなど、一瞬で気持ちを上昇気流に乗せてくれるような、meecoスタッフ厳選のラグジュアリーブランドのスキンケア。もちろん、研究・開発力を駆使した高機能が満載だから、早めのエイジングケア*として心強い味方になってくれること間違いなし。狙いを定めた1品買いも、思い切ったライン使いも、“このタイミング”を見逃さないで!

*年齢に応じたお手入れのこと

まずいちばんに欲しい高機能クリーム。ブランドの“顔”はこれ!

ラグジュアリー ブランドに初めてトライするなら、まずはブランドを代表するクリームを選びましょう。エイジングケア*に定評のあるブランドは、ほぼすべてと言っていいほどクリームにたくさんの機能を搭載、配合成分もこだわっています。弾力感、感触バランスにも優れた<ポーラ>、独自の複合成分を搭載した<イヴ・サンローラン>、ランコム ローズにこだわった<ランコム>、植物オイルの効果に着目した<ITRIM>と、meecoスタッフ厳選ブランドで肌のハリ感を堪能してみては。

 

*年齢に応じたお手入れのこと

 

左から

<ポーラ>B.A クリーム 30g 35,200円  商品はこちらから➤

B.Aの誕生は1985年。このクリームは5代目で肌誕生因子のひとつに着目して開発。濃密感やなめらかさ、浸透感(角質層まで)などの感触バランスも見事。

 

<イヴ・サンローラン>オールージュ クレームリッシュ 50mL 45,100円  商品はこちらから➤

サフランから抽出された保湿成分を配合。オートクチュールドレスのようなラグジュアリーな肌あたりでうっとり。

 

<ランコム>アプソリュ ソフトクリーム 60mL 37,400円  商品はこちらから➤

肌になじませるとクリームからリキッド状にテクスチャーが変化し、肌をふっくら柔らかく整えます。フローラルの香りで心地よくケア。

 

<ITRIM>エレメンタリー スキンクリーム 35g 41,800円  商品はこちらから➤

6種の植物オイル(保湿成分)を配合。こっくりしたテクスチャーが肌になじんで、潤いとハリ感を与える。アロマの香りにも魅了

アイケアこそエイジングケア*のスペシャリストから厳選!

5年後、10年後の肌を見据えて始めたいのがアイケアです。お手入れの有無で差がつく部位としても知られ、アイケア不足はなんとしてでも避けたいもの。ラグジュアリー ブランドのアイケアは、どれも会社をあげて開発したような精鋭揃い。ブランド最高峰シリーズの入門編的な<ゲラン>、目元肌にアプローチする<シスレー>、輝きに満ちた目元に導く<ランコム>、肌引き締め効果に着目した<ラ・プレリー>で、毎日のアイケアを習慣づけましょう。

*年齢に応じたお手入れのこと

 

左から

<ゲラン>オーキデ アンぺリアル ザ アイ&リップ 15mL 25,850円  商品はこちらから➤

オーキッドを研究し生まれたゲランの最高峰シリーズも、第4世代となり2種のオーキッドを追加採用。目元、口元に潤いとハリ感を。

 

<シスレー>スプレミヤ アイ 15mL 32,120円  商品はこちらから➤

シスレーの最高峰シリーズ、シスレイヤの夜用アイケア美容液は、気になるまぶたや目元をケア。眉をつまむマッサージも効果的。

 

<ランコム>アプソリュ アイ コンセントレート 15mL 20,900円  商品はこちらから➤

フレッシュなローズから抽出したエキス(保湿成分)など、ローズの恵みを肌に。アイホール全体、眉間まで広範囲につけるのがポイント。

 

<ラ・プレリー>SC アイエッセンス 20mL 58,300円  商品はこちらから➤

ポンプを押すと2種類のセラムがフレッシュな状態で出てくる目元用美容液。目頭から目尻までなじませ、アイクリームで仕上げを。

ベーシックな化粧水&乳液で、朝晩うっとり心地よさに浸る

スキンケアは短期決戦ではありません。毎日朝晩、丁寧なお手入れこそが美しい肌へ導くのです。化粧水や乳液など、ラグジュアリーブランドのベーシックケアは、テクスチャーや香りなどまでこだわったものが多く、使うたびに満足感が広がります。濃縮感のある<ポーラ>や、みずみずしい<ゲラン>の化粧水、肌質や年齢を問わずに使える<シスレー>や、シルクのような<ランコム>の乳液と、meecoスタッフのおすすめはこちら。気分も上昇しそうな化粧水や乳液を試してみて。

 

左から

<ポーラ>B.A ローション 120mL 22,000円  商品はこちらから➤

とろりとした濃さを感じる、B.Aで人気の高い化粧水。肌なじみのよさを高めた処方を採用。肌と一体化するようになじんで、ふっくらとしたハリを。

 

<ゲラン>オーキデ アンぺリアル ザ エッセンス ローション 125mL 16,170円  商品はこちらから➤

ブランドの最新テクノロジーを搭載。みずみずしいテクスチャーが肌にすっと浸透(角質層まで)し、弾力感のあるハリ肌に。ふわりと漂う香りもステキ。

 

<シスレー>エコロジカル コムパウンド 60mL 16,280円  商品はこちらから➤

1980年誕生以来、ブランドのロング&ベストセラー美容乳液。 健康的な肌のために!

 

<ランコム>アプソリュ プレシャスセル エマルジョン 75mL 27,500円  商品はこちらから➤

シルクのようになめらかな使い心地の乳液は、軽いクリームの代わりに化粧水後に使って。肌に潤いを与え、艶めくような美しい肌に。

思い切ってライン使いに挑戦! ラグジュアリーの真髄、<ドゥ・ラ・メール>を

ラグジュアリーブランドのライン使いではその世界観に浸ることができ、スキンケアタイムが特別な時間に。meecoスタッフのイチオシは<ドゥ・ラ・メール>。ブランドの代名詞となる「クレーム ドゥ・ラ・メール」では、有名な誕生エピソードが知られています。それが、ブランドの創設者、物理学者マックス・ヒューバー博士が実験中のアクシデントに遭遇し開発した、ミラクル ブロスTM*1。クリームだけでなく、ほぼすべての製品に配合され*2、美しい肌づくりのキーとなっています。

 

左から

<ドゥ・ラ・メール>ザ・トリートメント ローション 150mL 17,050円  商品はこちらから➤

日本だけでなく、化粧水を使う習慣のない他の国でも人気上昇。とろみのあるテクスチャーが心地よく、潤いとハリ感がうれしい。

 

<ドゥ・ラ・メール>ザ・コンセントレート 50mL 61,600円  商品はこちらから➤

ブランドの中でもヒーロー製品のひとつと言われるのが、この保湿美容液。濃縮ミラクル ブロスTM*1を配合。健やかな肌へと導く。

 

<ドゥ・ラ・メール>ザ・アイ コンセントレート 15mL 27,500円  商品はこちらから➤

デリケートな目元の肌のために、3種類のミラクル ブロスTM*1を配合。ひんやりとした使用感が目元の肌に心地いい独自のアプリケーター付き。明るい艶やかな肌に。

 

<ドゥ・ラ・メール>クレーム ドゥ・ラ・メール 60mL 39,600円  商品はこちらから➤

海外セレブが使っていることでも知られるブランドアイコン。両手で温めて肌にのせるとしゅるんと肌になじむ感じはやみつきに。

 

*1 ジャイアント シーケルプ(海藻)などからなる独自の保湿成分

*2 ザ・フェイシャル マスク(医薬部外品)を除く

関連商品

ポーラ

ポーラ

B.A クリーム

35,200円

オールージュ クレームリッシュ

イヴ・サンローラン

オールージュ クレームリッシュ

45,100円

アプソリュ ソフトクリーム

ランコム

アプソリュ ソフトクリーム

37,400円

エレメンタリー スキンクリーム

ITRIM
エレメンタリー スキンクリーム

41,800円

オーキデ アンぺリアル ザ アイ&リップ

ゲラン

オーキデ アンぺリアル ザ アイ&リップ 

25,850円

シスレー

シスレー

スプレミヤ アイ

32,120円

アプソリュ アイ コンセントレート

ランコム

アプソリュ アイ コンセントレート

20,900円

ラ・プレリー

ラ・プレリー

SC アイエッセンス

58,300円

B.A ローション

ポーラ
B.A ローション

22,000円

オーキデ アンぺリアル ザ エッセンス ローション

ゲラン
オーキデ アンぺリアル ザ エッセンス ローション 

16,170円

シスレー

シスレー
エコロジカル コムパウンド

16,280~25,850円

アプソリュ プレシャスセル エマルジョン

ランコム
アプソリュ プレシャスセル エマルジョン

27,500円

ザ・トリートメント ローション

ドゥ・ラ・メール

ザ・トリートメント ローション 

12,100~20,350円

ザ・コンセントレート

ドゥ・ラ・メール

ザ・コンセントレート 

23,650~61,600円

ザ・アイ コンセントレート

ドゥ・ラ・メール
ザ・アイ コンセントレート

27,500円

クレーム ドゥ・ラ・メール

ドゥ・ラ・メール
クレーム ドゥ・ラ・メール

20,900~59,400円

 

 

 

撮影/久々江 満 構成・取材・文/STRIPE